市民座禅会にようこそ 

坐禅の仕方は実習体験して正しい姿勢を体得することです。

会場で実地に実習することが第一ですが、

予備知識として その順序を述べてみます。

 

以下 市民座禅会での実習内容 

 先ず   とは、一口に云えば静かに自分をみつめてること、静慮するという意味です。ですから、坐禅は、足を組んで姿勢を正し、山の如く、どっしりと座って、ありのままの自分に還えり、静かに自分の本心本性を体感すること。と、言っていいでしょう。

 

 そこで、市民座禅会では、次のように座禅の仕方と、坐禅を組んで何をするのかを実習し体験体得していただきます。その内容について以下に述べておきます。が、坐禅の座相(姿勢)は、どうしても実習を受けて、正しい座相を体得していただく必要があることをお含みおきください。 

 

 

〇 座禅の仕方  ( 調身  調息  調心 )

座禅を組むということを三つに分けてみれば、正しい姿勢(調身)で、次に自然の呼吸(調息)を乱さず、そして、心をその自然の呼吸のままに(調心)する。

1.  調身について

・座具: まず厚めの座布団を一枚敷いいて、その上に自分に合った高さの座蒲(ざふ)を敷きます。座蒲の代わりに座布団を二つ折りに重ねて、それを尻に下に当てます。この座具に高さは、各自で加減して決めます。もっとも安定感を覚える高さを見つけてください。

〇足の組み方

 まず、座蒲がお尻の中心に位置するようにして、深すぎず浅すぎず、足を組みます。結跏趺坐(けっかふざ)でも半跏趺坐(はんかふざ)でも、大切なことは、両膝とお尻の三点で上体を支えることです。丁度三角錐のように両膝と尾てい骨の三角点の中心に重心が落ちるように背筋と首筋を伸ばして座ります。

 座蒲の高さは個人差がありますので、自分に合った高さをしっかり加減します。慣れるまでは、無理をせず座り方を工夫(調身)するようにします。       

※次のように、二通りの足の組み方があります

 

 結跏趺坐(けっかふざ)      両足を組む座り方です。

の足を左の腿(もも)の上に深く載せ、次に左の足を右の腿の上にのせます。

 

(

 

 

半跏趺坐(はんかふざ)

 片足を組む座り方方です。

右の足を左の腿の下に深く入れ、

左の足を右の腿の上に深くのせます。

 

 

〇 足の組み方は反対でもよく、どちらの坐り方でも、ひざが浮かないように注意します。そして、尾底骨と両ひざで作った正三角形の中心に重心が落ちるようにすることが大切です。

  その要領は、尻を後ろに引き、下腹を前に出すようにします。 結跏趺座も半跏趺座もできない場合には、日本座も許されます。また膝の悪い方には椅子座禅もできます。

〇 正しい姿勢:坐物の上に、五輪の塔を据えたような気持ちで、背骨をピンと伸ばします。あごは、頭が前傾しないように、耳の後ろに吊り上げるような気持ちで引く。

  この時、耳と肩が相い対し、鼻とへそが相い対するように心がけて、口は軽く結んで、舌は上あごの内側に付けます。 体を前後左右に、揺り動かして最も安定した位置、即ち真ん中で 止めるようにすると姿勢がきまります。

 

日本座 と 椅子坐

〇 手の組み方:両手のひらを上に向け、右手を下、左手を上にして重ね、両手の親指の先端 がかすかに触れる程度に軽く支えます。

 この時、手で楕円形を作るような形となる。これを法界定印 といいます。そして、これを宙に浮かせず自分の体の方へ引き寄せて足の上あたりに安定させて肩やひじの力は ぬきます。

〇 眼の置き方:まず、まっすぐ前方を見て、視線は1メートルほどの前に落とす。凝視することなくそこに止めておきます、これを半眼に開くといい、眼を閉じてはいけません。

 以上で座禅の組み方と正しい姿勢を取ることができ、手の組み方、そして眼の置き方も判りました。

 次にこの姿勢で何をするのか・・?調息・調心ついてになります。

心を安定させ、三昧力(集中力)を涵養する観法・数息観の実践となります。 

それでは、ページを変えて調息・調心について見てみましょう

《 調息・調心 》のページへどうぞ。

 

最も近い座禅会

人間禅福岡支部座禅会

   
   

  鹿児島禅会     (薩摩富士)